News

[東北新社ニュース]
東北新社製作『牙狼<GARO>~蒼哭ノ魔竜~』日本・台湾同時公開決定!

2012.12.21
東北新社(東京都港区・植村徹社長)が製作した牙狼シリーズ劇場版最新作『牙狼~蒼哭ノ魔竜~』(2013 年2 月23 日公開)が、日本と台湾で同日公開されることが決定しました。  本作は7 年にわたりテレビ・映画・OVA とシリーズ化されてきた最強の魔戒騎士・冴島鋼牙の物語の最終章で、同シリーズの魅力の一つであるファンタジー要素を前面に押し出したエンターテインメント作品。 先日行われた「第25 回東京国際映画祭」のプレミア上映チケットは、平日昼間の発売開始にも関わらず、わずか10 分で完売。キャストが勢ぞろいしたグリーンカーペットでも熱い声援を浴びていた注目作です。  同シリーズは、台湾でこれまでビデオリリースを行ってきましたが、劇場版の公開は今回が初めて。台湾のファンからの熱い要望が実現し、今回の日台同時公開という大きなプロジェクトに発展しました。 さらに映画公開にさきがけて、2 月14 日から18 日にかけて台北市で開催される台湾最大級アニメイベント「国際動漫節」では、特設ブースを設置し、雨宮慶太監督もスペシャルゲストとして訪台を予定。映画公開に向け、さらなるプロモーション活動も積極的に実施していきます。  また、他国からのオファーも続々と入ってきており、新たなジャパニーズカルチャー作品として『牙狼』に注目が集まっています。